こんにちは、アカツキです。
タイトルからお察しの通り、

すいません、
前後編でおさまりませんでした。


思わずタイピングが捗ってしまいました。

てなわけで今回は第3章の3話と4話のプレイレポになります。
ではではごゆるりとどうぞ~



あらくれさんの忠告を無視しつつ、
エスターク神殿が発掘されてしまったアッテムト鉱山が目的地に。


そう、裏切者の正体はエビルプリースト。

しかしこのシナリオはリメイク版のもの。
・ロザリーを襲った
・進化の秘宝をピサロが使うよう仕向けた
という事実は同じなんですが、原版では
「デスピサロを崇めるがゆえの、忠誠心から起こした行動」
なんですよね。

随分と悪役として申し分なくなったもんです。


ピサロ様への忠誠心がゼロ。
心なしか、ピサロ様が悲しそうな顔しとるようにみえる。

まあ何はともあれ、
アッテムト鉱山へ行きましょう。


まじ頼もしい。
パパス並みの安心感あるわ。
イケおじ。


こっちのおじさんはあとで説教な。


ヘルバトラーさん顔色悪すぎです。

イオナズン、ふぶき、かえんを使いこなす
とんでもなく面倒なボスだった記憶。

本来はデスピサロ戦の前に戦うモンスターなんですけどね。
まあそこのところはご愛敬。
むしろうまく繋げたなという感じ。

お~!
グラフィックでかい!

ボス然としていていい。
3D映えするデザインしてるなあ。

初級ということで
あまり痛手もなく攻略完了!


操られてたんですな。
かわいそうに。

恒例の「ぐふっ」でご退場になりました。



続いて4話、エスターク神殿に向かいます。


開始早々に縁起でもないメタ台詞。
トガってんな…。


エスターク神殿はほんとに偶然見つかっただけなんですよね。
エビルプリーストがそれに目を付けたわけです。

ほんと不運だったというしかない。


なんとピサロ様が声を掛けてくれました。
やっぱ基本的には良い人なんだな。
晴れ晴れとしたマップで緊張感が出ないのが残念。


ううっ
立派になって…
ブライじいちゃんが見たら泣いちゃうな。

私(アカツキ)が不審者ルックで申し訳ない限りだ。


いや良くはないけどね?


進化の秘宝、なぜか不完全だったことになっている。

っていうか二人羽織みたいになってておもしろいんですけど(笑)


きめえ~~~

なんでだろう、デスピサロの色違いなだけなのに
なぜこんなにキモいのか。
フリーザカラー。

名前長すぎてキッツキツじゃねえか。
ツッコミどころ多すぎる。


討伐…したと思ったら逃亡。

進化の秘宝、またしても不完全だとディスられとる。
なんなの?
不良品なの?

っていうかさらに二人羽織が違和感なくなってる件(笑)

そして5話へ続く!



今回はここまで。
すいませんほんとに収まりませんでした。

リメイク版のストーリーなせいで解説と語りが長くなってしまう…

次回は最終話!
そのほかこまごましたⅣの話とかできたらと思います。
キャラ紹介はその次とかでしょうか。

ではまた次回~!


*おまけ*


我が家はⅣのボスモンスターに狙われる運命のようです

↓ポチッとして頂けたら喜びます♪↓

この記事を書いた人

アカツキ@バトルレックスの中の人

プレイスタイル

田舎で微課金プレイ

好きなDQ作品

ドラクエ4, 7, DQMテリーのワンダーランド

好きなモンスター

バトルレックス, ボストロール, レッドイーター

好きな職業

羊飼い, バトルマスター

ドラクエをこよなく愛する脚本家(主に舞台)。

絵にかいたような田舎でコツコツプレイ中。 ある意味リアルなドラクエの世界にいます。

進行はのんびりですが誰よりもやりこんでいきたいです。

DQウォークの楽しさを、プレイ日記スタイルのブログにしてお届けしていきます!